アクセス解析
カウンター
   
小さな弦楽器小物店の店長・そらの日記
ネコだって楽じゃないんです

ショップ入り口はこちら
http://fshop.little-musician.com/
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
私事ではありますが、TV出演いたします
みなさま、すっかりご無沙汰しております。
りとる☆エフ、店長のアレキサンダー・そらです。

すっかり出遅れてしまいましたが、東日本大震災で被災された皆様には
心よりお見舞い申し上げます。
ボクたちのようなペットと離れて避難されている方も多いと思います。
ご主人様方も辛い毎日を頑張っておられますが、きっと大勢の仲間たちも頑張っていますよね!
ボクも頑張らなくては!!

さて、タイトルにも書きましたが
1週間後の5/21(土)に、ちょっとだけTVに登場いたします。
めざましどようびの1コーナーで「どようびのにゃんこ」という番組です。
お店やこのお仕事とは全く関係のないものですが
お時間のある方はご覧になってくださいね。
ボクにはある特技があるのです。
え?何かって?!

それは見てのお楽しみです。
ひとつだけ言えるのは・・・、やっぱりただの猫じゃない!ということかな?

店長のつぶやき comments(0) -
店長はモデルも兼任
 ちょっと間が空いてしまったのは、にぃにぃの学校が新型インフルエンザで1週間以上もお休みになり、ママも忙しくなったためです。
にぃにぃもインフルエンザにかかってしまいましたが、もうすっかり元気です。お休みの間は時間がたくさんあったのに、ボクがのんびりしていると、一緒になってだらけるにぃにぃ。
「ネコって、人間のやる気を奪うオーラを出しているみたい」と言われますが、でもそれは言い訳ですよね?

さて、先日ショップで扱うヴァイオリンケースのレインカバーの撮影を行いました。

ちゃんとお仕事してます♪

本当はボクは写らなくていいかなぁ、と考えたのですが、やっぱり最初の撮影現場ですからね。
店長としての責任があるのですよ。
いかがでしょうか?カラフルなレインカバーでしょう?
角型、ひょうたん型、分数サイズと各種作ってみました。
この写真ではわからないのですが、このカバーはリュックタイプのケースに対応していて、背中のストラップ部分は開けております。
しかしながら、各メーカー毎にストラップの位置が異なるようで、どのケースにも対応できないのがつらいところです。
ですので、オーダーメイドで取り扱おうか、とも考えております。
それにサイドストラップのケースには使用できないので、こちらも現在企画(制作)中ですので、どうぞお楽しみに。

そうそう!ショップのサイトが仮オープン致しました。(まだ注文はできないのですが・・)
http://fshop.little-musician.com/

こちらも合わせてよろしくお願いしますにゃ。
店長のつぶやき comments(2) -
新しい家族

 まだまだ開店準備中ということで、自己紹介の続きを書いていきましょうかね。

新しいお家はパパとママと小学生の男の子の3人家族です。
ヴァイオリンを習っている男の子(通称:にぃにぃ)が、楽器もそっちのけでボクを迎えてくれました。
ママがとにかくボクにメロメロで、にぃにぃもボクとよく遊んでくれるのですけど、
子猫ってとにかく眠いんですよね。
大人になっても、ネコ族はよく寝る、と言われていますが
子猫時代はさらに倍くらい眠い。
さっき元気に遊んでいたと思ったら、倒れるようにコテっと寝てしまうこともしばしば、です。
しかし、この家族にボクを託したお姉さんが
ネコは夜行性なので、夜に暴れて欲しくなかったらギリギリまで寝かせないといいですよ
と言ったので、この母子は真面目にとってしまったのか、ボクがちょっとでもウトウトすると
すぐにおもちゃを目の前で振ったりして、なかなか寝かせてくれません。
ボクはストレスで、お腹の調子が悪くなっちゃいましたよ。まぁ、これが人間の『大変な可愛がりよう』ってやつでしょうかね。

お医者さんに、しばらくダンボールに入れて休ませてあげて下さいと言われたママとにぃにぃ。
ボクはダンボールの箱みたいな狭いところは大嫌いなので、思い切り抗議しましたよ。
ママもかわいそうだと思ってくれたらしく、北側の普段あまり使われてない部屋にダンボールで間仕切りをして
簡易ゲージみたいなものを作ってくれたのです。
箱よりかなりマシなんですが、やっぱり独りは寂しいものですよね?
ボクは何度も脱走を繰り返し、とうとう普段みんながいる部屋に戻ることが出来たのです。
お腹の調子も良くなったしね。

そうそう、話に登場してないパパさんのことも書きましょう。
パパさんは昔、子供の頃にネコと暮らした経験があるようで、ボクとの距離を上手く保ちながら
遊んでもいいかなぁと思っている絶妙のタイミングで遊んでくれます。
ネコ族の性質を本当によく理解していて、実はママたちには内緒なんですけど、
ボクはパパさんが一番好き。
パパさんが帰ってくると、玄関までお出迎えをしますし、よくお話もするんです。
ボクはただのネコじゃないですから、パパさんの言葉がよく分かるんですが
パパさんもネコ語を分かっているんじゃないかな、と思うことがあります。
人間にもいろいろな種類がいるんですよね。

最後に、忘れちゃいけないのが妹分のエリザベス・麗美。
おばあちゃんがアメリカのネコらしいです。
ママがお仕事をしてるし、にぃにぃも学校に行っちゃうので、
昼間ボクが寂しくないように、ボクがこのお家で暮らし始めてから1年後にやってきました。
体はチビなんだけど、気が強くて食いしん坊。
でも本当は恐がりやさんで、可愛いコですよ。
彼女はボクと違って、ただのネコ。
でもお店が忙しくなったら、妹ネコの手も借りちゃうかもしれないですね。

店長のつぶやき comments(0) -
ごあいさつ
 はじめまして。
小さな弦楽器小物店・りとる☆エフ、店長のアレキサンダー・そらです。
弦楽器小物店ですので、楽器の取り扱いはしていません。
主にヴァイオリンの弦と小物たちが中心になる予定です。
開店準備を兼ねながら、少しずつボクが観察しているヴァイオリン弾き(まだ学生だけどね)の日常や、
ネコ族の愚痴を書いて行けたらいいなと思います。

と、店長らしくご挨拶ができたところで、まずは自己紹介から・・かな。
タイトルにもあるように、ボクはネコ族です。
でも、ただのネコじゃぁありません。言葉も分かるし、こうしてショップの店長を任されようとしているのですからね。
飼い主である、ヴァイオリン弾き・にぃにぃのところへ来たのが、今からちょうど5年前。
まだ生まれて1ヵ月ちょっとの頃です。
ボクが公園の植え込みの間で動けなくなって助けを求めていたら、自転車で通りかかった優しいお姉さんが助けてくれたのです。
抱き上げられてホッとしたのも束の間、お姉さんは「どうしよう」と、とても困っているようでした。
どうしてだろう?って不思議だったのですけど、お家に連れて帰ってもらって、その理由がわかりましたよ。
お姉さんのお家にはすでに大きなネコ三姉妹がいて、ボクが暮らす余裕なんて無かったのです。
それに姉さんネコたちは、ボクをみつけると一斉にシャーシャーと怒りだし、お姉さんは考えた末にインターネットで里親募集をすることにしたみたい。

助けてくれたお姉さんを困らせるわけにはいかないですよね。
「募集記事に載せる写真を撮るよ」と言われたので、そりゃぁもう可愛く写りましたとも!
お姉さんはネコの写真を趣味でたくさん撮っている方で、写真もとても上手だったんだけど、
やっぱり、にぃにぃとママを一目でメロメロにさせた写真が撮れたのは、ボクの努力ですね。
こうして翌日にはもう、ボクはお姉さんと電車に乗って、新しいお家に連れて行かれたのでした。
店長のつぶやき comments(0) -
| 1/1 |